気軽に何でも猛アピール!販促ミニのぼり制作比較

top > ミニのぼり情報 > ミニサイズのぼりで可愛くアピール

ミニサイズのぼりで可愛くアピール

のぼりには店頭に立てる大きなもののほかに、机に置ける小さなミニのぼりがあります。
ミニサイズは可愛らしいのでそれだけで目を引きます。
家電屋や携帯ショップなど、机で記入をしてもらったり話をする機会の多い店なら、机でお客さまに待っていてもらう間に注目してもらうことができます。
店で現在おススメしている商品の宣伝など、そのときそのときに合わせた旗を用意していると効果的です。
おおきなのぼりほど高額ではないので、いくつもの種類を気軽に用意することができるところもミニサイズのメリットです。
平面ではなく立体的で直立しているので、机にチラシを貼っているよりも目を引きやすいです。
また、ちょっとした風ではためくので、動くものは目で追いたくなる心理に作用して注目を集めます。
おもりがついているタイプや、吸盤で貼り付けるタイプのものだと倒れにくいです。



ミニののぼりは宣伝効果が高いです

のぼりといえば、店頭前などに置かれていることが多いのですが、最近はミニバージョンも増えています。
特に、カウンターやテーブルの上に置いておくことによって、目につきやすく宣伝効果が高くなります。
ちなみに、サイズもいろいろとあり、用途に応じて選ぶことができます。
例えば、縦30cm横10cmのタイプは大きさもちょうどよく、カウンターに設置するのにぴったりの大きさです。
そして、注文するにあたってデザインを考えなければなりませんが、サンプルも用意しているところがあり参考にすることができます。
もちろん、一から制作することができ、データ入稿もPDFやPhotoshopなどに対応しているところが多いです。
ちなみに、価格としては作る枚数などによって異なりますが、一枚の依頼では1000円以上することが多いですが、100枚以上依頼をすることで単価500円程で依頼をすることができるため、事前に見積もりを取ってみることも必要です。



ミニサイズののぼりを使うメリットとは

ミニサイズののぼりは使い勝手がいいことが特徴です。
商品棚やテーブルなど、顧客の目につきやすいところに置けばイベントや商品をアピールすることができます。
小さくても存在感がある販促ツールで、軽いのでテーブルの上で簡単に組み立てられます。
小さくても会社のロゴマークなどを入れることによって、目立たせることが可能です。
インクジェットプリントならば写真の印刷もできるのが魅力で、コストパフォーマンスも優秀であるため一定期間のキャンペーンだけに使う場合も気軽に依頼してみましょう。
吸盤のついているタイプはガラス面やツルツルしたところに固定できるので、壁につけることも可能になっています。
また、万が一店舗で火災があった際にも被害が広がらないように防災加工されたタイプなども取り扱っているので、設置する場所や目的によって選びましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP