気軽に何でも猛アピール!販促ミニのぼり制作比較

top > ミニのぼり情報 > ミニのぼりのサイズもいろいろ

ミニのぼりのサイズもいろいろ

 企業やお店の宣伝には看板やのぼりを使いますが、のぼりにも色々なタイプがあります。長持ちのぼりやスタイリッシュなのぼり、そしてテーブルなどに置けるミニのぼりもあります。小さなスペースに置く事が出きるミニのぼりは、屋内外のイベントや行事などでも活躍します。のぼりはインターネットの業者で利用するのが主流で、たくさんの業者から選ぶ事が出来ます。のぼりの業者にはデータ入稿で価格は固定タイプや、見積もり依頼タイプそしてオーダーメイドタイプがあります。それぞれのタイプでメリットやデメリットがあり、予算や使う目的などで選ばなくてはいけません。そこでこのサイトでは費用の安い業者で比較でき、おすすめののぼりの業者を探し出す事が出来ます。業界でも最安値なのがのぼりマーケットです。

 のぼりマーケットとは40万枚以上の実績がある業者で、1枚からでも注文を受け付けてくれます。ミニのぼりは5枚で2425円、100枚で40000円になります。のぼりの特徴になる裏写りのよいテトロンポンジ印刷で、ヒートカット裁断でほつれにくくしてあります。サイズは牛乳パックより少し大きい7×21cmから、10×30cmまであり他のサイズも作る事が出来ます。値段においては他者よりも高い場合、値段の相談や交渉も出来る業者になります。また大口注文がお得で色々な販促商材があるのが、オリジナル製作専門店ののぼりモールです。のぼりモールで最もコンパクトなサイズで、格安な費用で作れるのがミニのぼりになります。サイズは3タイプですが指定サイズでも作る事ができ、パーツにはスタンドや吸盤やクリップがあります。

 そしてこの比較サイトではミニのぼりの基礎知識も載っていて、素材やサイズの事もわかるので便利です。まずミニのぼりのサイズにはテトロンポンジと言う素材で、のぼりの特徴になる透け感を出す素材になります。この素材は印刷をした時の発色性に優れていて、企業やお店の大量注文のコスパも良いのが魅力です。またミニのぼりには規制のサイズはないですが、7×21cmから10×30と横と縦が1対3になるように出来ています。しかしほとんどの業者ではその他のサイズも可能で、目的やスペースに合わせたサイズで作る事が出来ます。ミニのぼりには設置用のパーツも必要で、台座のついたタイプや吸盤そしてクリップタイプから選べます。ミニのぼりには台座やパイプにもサイズがあり、36×10から45×13まであります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP